フリーダイヤル0120-19-1765

協会概要

【運営団体概要】

熟年検定協会は“50歳~80歳の熟年層”の活用を掲げ、これらの熟年層が“生涯現役”で活躍できる環
境づくりとコミュニティづくりを推進することを目的として設立しました。

【事業の背景 ~日本を取り巻く熟年世代における課題~】

我が国は世界でも類を見ないようなスピードで超高齢化社会に突入し、特に医療費(2013年の医療
費は約39.3兆円)を中心とした社会保障関連歳出への巨大な税負担が問題になっています。また、
建設業、サービス業を中心とする労働力不足が社会問題化し、国内のみならず海外からの労働力確
保が課題となっています。
本協会では、その解決策の一つとして“50歳~80歳の熟年層”の活用を掲げ、これらの熟年層が
“生涯現役”で活躍できる環境づくりとコミュニティづくりを推進することを目的として設立しまし
た。まだまだ元気な熟年層が健康を維持しながら社会活動に参加することにより、社会保障負担が
軽減されると共に、新たな経済効果を生み出すことを目指します。

【設立趣旨 ~熟年層が元気でいるための4つのポイント~】

本協会では、熟年層が社会で元気に活躍するためのポイントを4つにまとめました。
(1)“心”と“体”の健康
(2)“頭脳”の健康
(3)“社会”とのネットワークづくり
(4)活動しやすい“デジタルツール”の活用
この4つのポイントの実現を目的とした「熟年習活」、学習(習活)の継続意欲を高め、学習結果
を可視化することを目的とした「熟年検定」、一連の流れを社会ネットワーク化するための
「熟年検定アドバイザー」の仕組みを構築し、活動を体系化し、より多くの熟年層が元気な人生を
送るための一助となることを目指します。

法人名 一般社団法人 日本熟年検定協会
設立 2014/8/21
役員 代表理事 田代 綾
理事   小野寺 健
事務局所在地 〒104-0033 東京都中央区新川1-2-10 新川むさしやビル5F
電話 03-6222-8920
FAX 03-5244-9331
事業目的 (1)わが国における、およそ50歳代以上の「熟年」世代に対し、
いつまでも活力ある生活を送るための様々な機会の提供
(2)熟年世代の健康促進、社会参加および社会貢献の発展への寄与
主な事業内容 (1)熟年習活事業
(2)熟年検定事業
(3)通信教育事業
(4)出版事業
(5)イベント事業
(6)デジタルコンテンツ事業
(7)企業研修事業
(8)指導者養成事業